安心なまちやつしろプロジェクト設立

◎安心なまちやつしろプロジェクト設立について 竹永会頭あいさつ◎

当所は令和2年度新役員・委員会体制で2020年4月1日にスタートを切りました。
基本方針に掲げた事業環境、新型コロナウイルス感染の懸念はより深刻度が増し、八代の生活環境、経営環境は一気に悪化し、過去の実績、常識、経験などが全く通用しない状況に陥っています。
八代商工会議所は令和2年度の事業計画を全て見直し、未来に向けて持続できるやつしろにするために、様々な事業を進めることになりました。
事業を進めるにあたり活動の枠組みを広く八代市商工会、八代経済開発同友会、一般社団法人八代青年会議所などの経済団体と協働し、新型コロナウイルス対策として、八代市への新型コロナウイルス感染症支援策提案、八代テイクアウトリスト支援、八代飲食店応援隊によるファンドを設立してきました。
新型コロナウイルスについて行政、地方自治体は様々な防止対策、金融支援、補助事業を行っていますが、収束の目処がたちません。最後はやつしろの事業者、住民が自覚を持って、新型コロナウイルスに対応することが重要だと考えました。
私たち一人一人が自覚を持って対応することが、明日のやつしろを築き上げると確信し、持続可能なやつしろにするため、“安心なまちやつしろ”プロジェクトを設立しました。